スポンサーリンク

秘密の授業 29巻

秘密の授業29巻は2022年9月23日に
コミックシーモアで発売されましたね!
(最新話はコミックシーモアで先行配信中)

というわけで、私も即日購入w
挿入?
いや、購入ですw

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
秘密の授業29巻をコミックシーモアで今すぐ読む

ちなみにコミックシーモアには、
以下のようなお得な特典が♪
コミックシーモア ログイン
コミックシーモアは新規登録で
70%OFFクーポンがもらえて、
1円以上の作品を購入すれば翌日に
200円分のクーポン×3回
最大600円分のクーポンがもらえる
特典があります。
コミックシーモア新規登録特典

さらに、LINE ID連携で
最大500ポイントも別でもらえます♪
コミックシーモアLINE ID連携で最大500ポイント

※月額登録が不要なので解約の手間がない
のに1,000円分以上が無料で読める
っていうのはさすがコミックシーモアですねw


秘密の授業29巻 ネタバレ

秘密の授業29巻では、葉月さんの
ターンは終わって今度は
飛鳥姉さんのターン(笑)

Sっ気満載の、いや痴女っ気と
言うべきか?
飛鳥ねえさんが痴女的な
発言を繰り返しw

騎乗位で速攻挿入(*´Д`)

からの?

正常位で中出しフィニッシュ!

その後はチュパチュパw


翌朝。
真理子おばさんが朝食の席で、
山の上に住んでいる叔母さん
のところに行くと言い出します。

なんでも、畑仕事をしていた時に
腰を痛めたとのこと。

そして!
俊太を荷物持ちとして連れて行ったら?
という周りの勧めもあり、
真理子おばさんと俊太の2人で
叔母さんのもとへ行くことに。

しかし!

到着しても叔母さんがいない!
WHY?

なんと、温泉旅行に行っていて
あさってまで帰らないとΣ(・ω・ノ)ノ!

なんでも、腰が痛いと言ったら
婦人会の人たちが旅行を計画してくれて
一緒に温泉旅行を楽しんでいるとw

ん?

ということは、あさってまで
真理子おばさんと2人きり?

ってことで、何とも言えない
俊太の顔のシーンで29巻終了w


というわけで、30巻からはしばらく
真理子おばさんとの絡みが
メインになってきそうですねw

正直、飛鳥姉さんと真理子おばさんとの
カラミはもうお腹いっぱい
なんですけど(笑)

つかささんとか初期に絡んだ子との
プレイをもっと見たいぞww

秘密の授業29巻 感想・レビュー

秘密の授業29巻は飛鳥姉さんとの
絡みがあるとはいえ、エッチは
控えめで次につなぐための巻
って感じですね。

山の上に住むおばさんの家に
真理子おばさんと俊太の2人で
行くものの、あさってまで2人で過ごすって
もう、何回セックスすることになるのか?

下手したら10回ぐらいやりそう
絶倫俊太めw

正直、秘密の授業は面白いから読む
というよりはどういう終わり方になるのか
面白がって、興味本位で読んでいる
っていうスタンスですw

アオアシとかキングダムのように
面白いから読んでいる!
ってわけではないです(笑)

まあ、エロいんですけど♪
個人的には見たかった葉月ちゃんとの
絡みも落ち着いたし、うーん。。

電子単行本版に切り替えてまとめて
読んでもいいかなって
ちょっと思ってますw

秘密の授業 29巻 無料

秘密の授業29感はコミックシーモアで
先行配信されたばかりなので、
無料で読む方法はありません。
(rawなどの海賊版も未配信)

で、も!
秘密の授業を全巻は無理ですが
無料で読む方法、こちらで
紹介していますよ(`・ω・´)ゞ

▼秘密の授業を2,400円分無料で読む方法▼
秘密の授業
作品情報 ■ 著者ミナちゃん■ 原作王鋼鉄■ 出版社Rush!■ レーベルRush! 内容紹介 「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城...


海外の海賊版に頼らずとも、
日本の電子書籍サイトでも
無料で読むこと、できるんですぜ♪

秘密の授業 無料 韓国

秘密の授業といえば、原作は日本ではなく
韓国か中国だと思うんですけど、
韓国の漫画サイトで無料で配信
されていないかな?

って思ったり。

だけど、無料で配信している
韓国の漫画サイトはありませんでした。

NAVERマンガ
Webtoon
kakaopage
LINEマンガ
このへんですね。
(LINEマンガは日本のサービスですけど、
LINEということもあり韓国系が
充実していますから)

秘密の授業 トレント

秘密の授業を無料で読みたいから
torrent(トレント)で読めないかな?
と思ったものの、読めません。

トレントに限らず海賊版に頼らず
合法に無料で読むほうが、
安心、安全ですので私は日本の
電子書籍サイト派です。