アンゴルモア 10巻

アンゴルモア 元寇合戦記(10)
発売日:2018/08/25

作品情報

著者 : たかぎ七彦
出版社 : KADOKAWA
レーベル : 角川コミックス・エース

内容紹介

蒙古正規軍の圧倒的物量に飲み込まれるも、寄せ集めの寡兵をもって粘り続ける対馬軍!太宰府からの援軍もなく一所懸命の想いで闘い続ける朽井たちは、サムライの恐ろしさを敵に見せつける!対馬の元寇、遂に決着!

アンゴルモア 元寇合戦記の10巻。

「そういえばそろそろ発売日だな」
と思ったら8月25日(土)が
発売日だったぁ~!
買わねば!

読まねば♪

と思い、近所の文教堂書店にて購入。



実は、10巻で最終巻(というか対馬編が終わる)
ということを知らなかったので、
まずそこにびっくり。

そして?

1巻からいろいろなキャラクターが
出てくるのですが、彼らがどんどん
やられて戦死してしまうのが
悲しくもあり、寂しくもあり。。


でも、実際の対馬での戦いも
たしかにこういう感じだったんだろうな
って思うと、日本の教育でももっと
こういうことを教えていかないとあかんぜよ!
って思ったり。

それこそ、大河ドラマでやる!
わけにはいかないかもしれませんが、
アニメ化だけでなく映画化、
実写化もしてほしいぐらいですね。

↑アニメはまだ見ていませんw


で、そんなアンゴルモア10巻。

2018年8月26日時点、
半額で読めるサイトを発見。

それがこれ。

【対馬編完結】アンゴルモア 元寇合戦記10巻

ebookjapanっていうサイト
なんですが、約50万冊の本を配信中
という世界最大級の電子書店。

↑ヤフーのサービスなので安心ですしね♪

でも、ゴールデンカムイと並んで
進撃の巨人に次ぐ私がハマっている
漫画なのでこれで完結ではなく、
続きがある(=対馬編)というのは
また新たな楽しみが増えましたw


元寇って、なんというか。
歴史では習うじゃないですか?

でも、具体的なイメージというか、
戦いの様子って分からないんですよね。

それを、アンゴルモアで学びつつ、
いかにして元寇の脅威を撃退したのか?
撃退というか、本当に神風が吹いたのか?
という疑問もそもそも、ありますし。


あ、そういえば。
私が昔ハマった歴史の本がこれ。


逆説の日本史6 中世神風編/鎌倉仏教と元冦の謎

逆説の日本史です。
(井沢元彦さんが書いている本)

で?
これを読んだのは当時、大学生か
そこらの時だったので、
かれこれ15年以上前(笑)

もう一度読み直そうかな。

なんていうか。
日本の今の教育って、
ありがちなのが日本=侵略したことがある

だから反省しましょう
っていうのをよくやるじゃないですか?


でも、対馬を含めて過去には侵略された
歴史もあって、そこをどう戦ったのか?

生き延びたのか?
っていう歴史ももちろんあるわけですから、
そういうことももっともっと、
伝えていかないといけませんよね。

少なくても、今はまだ0歳児の息子にも
おいおい伝えていこうと思います。
↑(かなり気が早いw)

機会があれば、対馬にも行ってみたく
なりますね。

アンゴルモアを読むと(´・ω・)

↓2021年7月3日追記。

アンゴルモアをふと検索したら、
なななんと!

続編が出ていたΣ(゚Д゚)

今は博多編が登場していますね!


値段も1巻税込みで682円と、
高くなってる!(笑)

u-nextの新規登録600ポイントじゃ
完全無料で読めなくなっちゃったw


アンゴルモア博多編1巻はコチラ


あ、ちなみに上述の
ebookjapanでもお得に読める
(PayPayボーナスで還元)
キャンペーンをやっているので、
ソフトバンク&ワイモバイルユーザーは
必見ですぞ。

ちな私はワイモバイルユーザー
なので、重宝していますw


ebookjapanでアンゴルモア博多編4巻を見る

アンゴルモア 10巻 感想



島民が、理不尽な虐殺・拉致・略奪に遭い
全滅は避けられたが、壊滅していく史実に
「こんな救世主がいてくれたら!」
の話。

主人公と次々とやられて行く仲間たちの、
ちょっと悲しくなる内容でした。

相手の圧倒的な人数と兵器や船団になす術が無く、
生き延びさせてあげたかった脇役は
ほぼ皆殺しに遭い、主人公は
辛くも生き残りますがちょっと
「この主人公だけ強過ぎない?」
と突っ込みたくなりますが、
そこはまあ、漫画なので(笑)

世の中の理不尽さや、
いきなりやってくる恐怖が
上手く描かれているのも良き。

この後の「博多編」はまだ未読ですが、
今から楽しみです(笑)

なんていうんですかね、先日
進撃の巨人34巻を読んだばかりなので、
地ならしみたいに敵を一気に踏み殺す
的なこともなく、秘密兵器や魔法、
特殊な能力で相手を吹き飛ばす
ということはなく、ほんと地道に
相手を一人ずつ地道に倒して行くのは、
読んでいて痛快だし不自然さがないというか、
自然ですw

最終回もダラダラ話を伸ばさずに
スパッと切り上げている点も
好きですね。

まあ、対馬編では一方的に良いように
やられてしまったわけですが、
博多編でリベンジ!

かましたれや!
って今から応援していますw

U-NEXTで今すぐ無料で読む(31日間無料)

画像をタップしてU-NEXTサイトへ移動!

アンゴルモア 元寇合戦記(10)を無料で読む方法!

U-NEXTに新規登録すれば

  • 特典1:31日間無料お試しできる
  • 特典2:600ポイントもらえる(漫画だけでなくアニメや映画もOK♪)

u-nextなら今すぐアンゴルモア 元寇合戦記(10)を読めますね♪

※無料期間内なら解約してもお金はかかりません!

こりゃ、ステイホームしたくなりますねw

U-NEXTのおすすめポイントまとめ

  • 動画配信サービスの中でも国内最大級の作品数。
  • 漫画はもちろん、映画やドラマ、アニメも見れる
  • 1契約で最大4アカウント追加可能
  • 31日間の無料期間後は毎月1,200ポイントもらえます。
  • オトナの作品も50,000本以上見放題(/ω\)イヤン♪
  • 提携映画館で映画引き換えクーポンにできる

※最大40%ポイント還元もあり

感想・レビュー

日本の長い歴史の中でも、
一大事の一つが元寇でしょう。

しかし、日本史といえば戦国時代が
人気なのでどちらかというと、
影が薄いというか。。

ま、古いんで仕方ないっちゃー
仕方ないんですけど。

元寇との凄まじい攻防戦に
フォーカス漫画はなかったので、
『アンゴルモア』を買ったのは
物珍しさも大きかったです。

ちなみに推薦コメントを書いているのも
幸村誠先生に、安彦良和先生なので
つまらないハズがない!
とも言えます(笑)

タイトルに恐怖の大王の代名詞を
付けている時点から、
まずインパクトがあるなと。

戦のシーンももちろんいいのですが、
戦に突入してしまう前の、
平凡な日常が丁寧かつ平和に
描かれている点も良いですね。

また、主役の朽井迅三郎を筆頭に、
登場人物らが全員、人間臭く、
その時代に生きている、
って感じがするのも好感が持てます。

ヒロインである輝日も、自信過剰な割に、
ふと女の子っぽさを出してくるのも
可愛げがあります。

元寇での戦いって教科書では文字
だけで読むものの、本当はこんな感じで
かなり過酷なものだったんだなあ
と思うと、過去のご先祖様に
感謝ですね。
「皇国の守護者」っぽいという評価を見て
興味をもって大人買い。

結果的には当たりでした。

最近はいきなり大人買いって
めったにしないのですが(笑)
徹夜する勢いで一気に読了w
眠いですw

戦の話なのでエグい描写はありますが、
「キングダム」
「ヒストリエ」
「進撃の巨人」
あたりが大丈夫な人には問題ないでしょう。

元寇の時といえば、時代的には
鎌倉時代で源平合戦、おもに義経を
中心とした話ばかりですが、
違う題材なのも新鮮です。

学校の歴史で習ったくらいしか知識のない元寇、
しかも対馬という朝鮮半島での戦い
というだけでも、かなり興味深かったです。
歴史の勉強としてもかなり役立つのでは?

対馬以外の物語、主人公が鎌倉で
御家人を務めていた時代の話や、
高麗がモンゴルに臣属するに至る話も、
初めて知ることばかりで、
作者もかなり力を入れて描いているんだな
と脱帽。

最近、私の頭頂部が脱毛(汗)

↑余談ww

元寇、しかも対馬での攻防を描いた
長編作品ですが、惹きつけられる要素の一つに、
勝ちを目指す戦じゃない、
蒙古が対馬を去るまでの約一週間、
ひたすら逃げ隠れ時に迎え撃ち、
持ちこたえるだけのゲリラ戦。

つまり「ひたすら守る」
戦いっていうのが
目標と期限が明確で緊張感もあり、
非常に面白い作品でした。続き早く!
と思ったら博多編でてた(笑)

少しずつ挟まれる朽井の過去と
裏切り者との決別というように、
単なる戦いの中にもいろいろな
ドラマが入っていてとにかく
「続きが気になる」
漫画になっています。

次巻がある意味クライマックスなのかな?
と思ったらいやいや、次こそ
って思ったり(笑)

どれだけの人数が生き残れるのか、、
そしてそんな中でもちょっとした
恋愛要素にホッとする。
姫様かわいいw

関連動画(YouTube)

関連ツイート(Twitter)

関連ツイートはありません。

漫画村以外の違法サイトまとめ


新規登録の特典を使って
無料で読むことができるのがU-NEXT。
U-NEXT以外にもいろいろなサービスが
ありますが、基本は有料になります。

最近は「待てば無料で読める」的な
漫画アプリもちらほら増えてきた
印象がありますが、もどかしいですw

以前、(良くないことですが)流行っていた
漫画村の代わりの違法サイトは
残念ながら今も存在します。

漫画村以外の違法サイト

  • 漫画まとめ+
  • RawQQ
  • RawLH
  • Manga Freak
  • RawFF
  • ManAniUS
  • Manga netabare
  • Rawneko
  • sakura manga~マンガの日本語~
  • Sen Manga

これらはほとんどが海外の海賊版サイトです。

無料で読める代わりに、
危ないウイルスが仕込まれていて
いつの間にか個人情報を抜かれていたり
(クレカの情報とか!)、
なんか最近やたらとネット見てる時に
広告が出てくるなど、危険なので
ダメ!絶対です。
それでも良いから無料で読むんじゃー!
ということであればどうぞ(;・∀・)
でも、u-nextなりまんが王国なり
コミック.jpを使えば無料で
読める漫画も多いんだから、
それを使ったほうがよくね?

っていうのは私の想いです。

違法アップロード漫画はなぜ危険?


漫画を無料で読む方法として
紹介されたサイトに
違法アップロードサイトがあった場合、
読むのは避けなければなりません。

なぜか?
それは簡単で、違法だからです。。
海外の海賊版などの
漫画アップロードサイトは
著作権に違反しています。
完全にアウトなレベルです。


ちなみに、知っておかなければいけないのは、
著作権のあるものを違法アップロードするのは
当然違反としても、その違反サイトを利用して
漫画を読んでも違法!
とされる可能性は全然あるということ。

今すぐ逮捕!

という可能性はもちろん高くはない
というかかなり低いんですが、
ゼロでもないんです。

さらに、海外が多いですが海賊版など
違法に運営されているものには
ウイルス感染のリスクがあります。


海外で運営管理している
漫画アップロードサイトは
何のために日本向けに
違法アップロードサイトを
作っているのか?
を想像してみれば、おのずと
分かってきますね。

理由はもちろん、よからぬことに使うためです。

  • ウィルス感染
  • 個人情報の抜き取り
  • 悪質なワンクリック詐欺サイトなどに誘導
など、いろいろな方法であなたを狙ってきます


そんなリスクをおかさなくても、
U-NEXTやコミック.jp、まんが王国といった
日本のサービスなら安心安全に漫画や雑誌、
映画やアニメを楽しめますから
危ない橋をわざわざあなたが
渡る必要はありません。

いや、渡りたいなら止めませんが(笑)

著作権法は知っておかなきゃ

著作権法について簡単に知っておきましょう。

  • 他人のために市販の漫画や書籍を無断でコピーする
  • 著作物を権利者に無断でインターネット上に公開する
    (ダウンロードできる状態にする。)
  • 違法に公開された著作物と知っていてダウンロードする。
※2012年10月1日から違法と
知っていながらダウンロードすると
刑事罰の対象となります。

刑事罰=前科者になってしまうということです。


著作権法違反って簡単に調べられますから、
罰せられない=泳がされている
という状態です。。

罰則は具体的には、
「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、
またはその両方」です。

違法に無料で読んだら200万円、
あなたは払いますか?
私は嫌ですw