アンゴルモア 元寇合戦記の10巻。

「そういえばそろそろ発売日だな」
と思ったら?

8月25日(土)が発売日だったぁ~!
買わねば!

読まねば♪

と思い、近所の文教堂書店にて購入。

実は、10巻で最終巻(というか対馬編が終わる)
ということを知らなかったので、
まずそこにびっくり。

そして?

1巻からいろいろなキャラクターが
出てくるのですが、彼らがどんどん
やられて戦死してしまうのが
悲しくもあり、寂しくもあり。。

でも、実際の対馬での戦いも
たしかにこういう感じだったんだろうな
って思うと?

日本の教育でももっとこういうことを
教えていかないとあかんぜよ!
って思ったり。

それこそ、大河ドラマでやる!
わけにはいかないかもしれませんが、
アニメ化だけでなく映画化、
実写化もしてほしいぐらいですね。

↑アニメはまだ見ていませんw

で、そんなアンゴルモア10巻。

2018年8月26日時点、
半額で読めるサイトを発見。

それが?
これ。

【対馬編完結】アンゴルモア 元寇合戦記10巻

ebookjapanっていうサイト
なんですが、約50万冊の本を配信中
という世界最大級の電子書店。

↑ヤフーグループの会社が運営
しているので、安心ですしね♪

でも、ゴールデンカムイと並んで
進撃の巨人に次ぐ私がハマっている
漫画なので?

これで完結ではなく、
続きがある(=対馬編)というのは
また新たな楽しみが増えましたw

元寇って、なんというか。
歴史では習うじゃないですか?

でも、具体的なイメージというか、
戦いの様子って分からないんですよね。

それを、アンゴルモアで学びつつ、
いかにして元寇の脅威を撃退したのか?

撃退というか、本当に神風が吹いたのか?
という疑問もそもそも、ありますし。

あ、そういえば。
私が昔ハマった歴史の本がこれ。


逆説の日本史6 中世神風編/鎌倉仏教と元冦の謎

逆説の日本史です。
(井沢元彦さんが書いている本)

で?
これを読んだのは当時、大学生か
そこらの時だったので、
かれこれ15年前(笑)

もう一度読み直そうかな。

なんていうか。
日本の今の教育って、
ありがちなのが日本=侵略したことがある

だから反省しましょう
っていうのをよくやるじゃないですか?

でも、対馬を含めて過去には侵略された
歴史もあって、そこをどう戦ったのか?

生き延びたのか?
っていう歴史ももちろんあるわけですから、
そういうことももっともっと、
伝えていかないといけませんよね。

少なくても、今はまだ0歳児の息子にも?
伝えていこうと思います。

機会があれば、対馬にも行ってみたく
なりますね。

アンゴルモアを読むと(´・ω・)