スポンサーリンク
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

ハーメルンのバイオリン弾き

ハーメルンのバイオリン弾きは、
今となっては懐かしい作品!

1990年代にアニメや映画、ゲーム化された
渡辺道明が描く超大作ですよね!
魔族がはびこり人々が苦しむ世界に、
巨大バイオリンを抱え颯爽と現れた勇者ハーメル。

ところが凛々しい面立ちとは裏腹に、
金にがめつい悪徳勇者だった!?
北の都を目指す旅の途中で出会う仲間たちと
大魔王ケストラーに挑む戦い。
ハーメルは運命を変えられるか!?

ハーメルンのバイオリン弾き 無料

ハーメルンのバイオリン弾きは
全37巻で完結しています。

ハーメルンのバイオリン弾き 無料
ちなみに全巻を電子書籍で買うと
税込で11,100円かかります。
わんわんワンハンドレット!
って覚えましたw

さすがに全巻無料で読むっていうのは
方法が無いのですが、以下のサービスで
無料&割引(半額以下)で読めますよ。

u-next(ユーネクスト)
u-next300×250
u-nextは新規登録で
31日間は無料お試し期間

600ポイントもらえます。
(=600円分は無料で読めます♪)

月額2,189円(税込)かかりますが、
毎月1,200ポイントもらえるので
実質は989円と考えると
相当安いですね。

電子書籍は40%ポイント還元なので
漫画や映画、アニメも好きなら
外せないサービスと言えます。

31日以内に解約すれば月額はかかりません。



コミック.jp
コミック.jp無料お試しはコチラ
コミック.jpは新規登録で
30日間は無料お試し期間

1,200ポイントもらえます。
(=1,200円分は無料で読めます)

月額1,100円(税込)で、30日以内に
解約すればお金はかかりません。

会員登録して10冊買うと1冊もらえます♪
(=10%還元というイメージ)

漫画が好きで、映画やドラマ、アニメは
あまり見ないという人はコミック.jpが
おすすめです。



music.jp
music.jp無料お試しはコチラ
music.jpはコミック.jpの姉妹サイト
(コミック.jpがmusic.jpの姉妹サイト?w)
なのですが、新規登録で
30日間は無料お試し期間

600ポイントと、別途、動画専用で
1,000ポイントもらえます。
(=600円分は漫画が無料で読めて
1,000円分の映画やドラマも見れます♪)

music.jpは月額1,958円(税込)かかりますが、
毎月3,500ポイント分がもらえます。
(=5,458円分のポイントが毎月付与)
つまり、何が言いたいか?
めちゃくそお得ということですw

もちろん、30日以内の解約なら
月額料金はかかりません。


ハーメルンのバイオリン弾きを半額以下で読む方法

ハーメルンのバイオリン弾きを
無料では読めないものの、
月額料金がかからない漫画サイトで
半額以下で読む方法もありますよ。

まんが王国

無料漫画が豊富!【まんが王国】

まんが王国では、
初回購入限定で最大18,000ポイント還元

毎日最大50%ポイント還元
などポイント還元が熱いのが特徴。

好きな時に好きなだけガッツリ
漫画を読みたい人におすすめです。

まんが王国で半額以下で読む


ebookjapan
ebookjapan公式
ebookjapan(イーブックジャパン)

ebookjapanはヤフーのサービスで、
初回登録で6冊分の半額クーポンが
もらえます。
(最大3,000円まで。1冊500円まで)

さらに?
ヤフーのサービスだけあって、
PayPayボーナスの還元が充実していて、
ソフトバンクやワイモバイルユーザーなら
金曜日や土日祝日は〇%還元など
さらに半額戻ってくることもΣ(・ω・ノ)ノ!

私もワイモバイルを使っているので
よく利用していますが、買うのは
だいたい金曜日です(笑)

ebookjapanで半額以下で読む


これら以外にもおすすめの漫画サービスは
多々ありますが、きりがないので
おすすめの漫画サイトを厳選させて
ご紹介しました(`・ω・´)ゞ

ハーメルンのバイオリン弾き zip

ハーメルンのバイオリン弾きは
zipやpdfといった違法サイトで
読むことはできるのでしょうか?

一応、検索で出てきましたが
ウイルスバスターが
「このサイト危ないっすよ!」
って警告を出してきたので、
そっと閉じましたw

無料で読みたいからといって
rarやraw、漫画バンク、zip、torrent、
星のロミやnyaa、Fbayや
pdfでダウンロードといった
違法アップロードサイトを使って
読むのは止めましょう。

なぜか?
それは簡単で、違法だからです。。

※漫画バンクは現在閉鎖されています。

rarやrawといったサイトは
要するに海外の海賊版なのですが、
完全にアウトなレベルで
著作権に違反しています。

試しにクリックしてサイトを
見てみようと思ったのですが、
ウイルス感染の危険がありますよ!
ということでウイルスバスターが
警告を出すレベルです(汗)
違法サイトを使うとウイルス感染の危険

ちなみに、知っておかなければいけないのは、
著作権のあるものを違法アップロードするのは
当然違反としても、その違反サイトを利用して
漫画を読んでも違法!
とされる可能性は全然あるということ。

今すぐ逮捕!

という可能性はもちろん高くはない
というかかなり低いんですが、
ゼロでもないんです。

海賊版対策の強化のために2021年1月1日、
改正著作権法が施行されました。
漫画を違法アップロードする側だけでなく
違法ダウンロードする側も厳しく
取り締まれるよう法律が変わった
ということは、そういうサイトを利用した時点で
既にあなたは泳がされているということに。。

さらに、海外が多いですが海賊版など
違法に運営されているものには
ウイルス感染のリスクがあります。

私もパソコンにはウイルスバスター
入れていますが、スマホはandroidだし
たぶん大丈夫っしょ~
ぐらいのレベルなので、たぶん
一発で食らったらアウトです(汗)


海外で運営管理している
漫画アップロードサイトは
何のために日本向けに
違法アップロードサイトを
作っているのか?
を想像してみれば、おのずと
分かってきますね。

理由はもちろん、よからぬことに使うためです。

ウィルス感染
個人情報の抜き取り
悪質なワンクリック詐欺サイトなどに誘導
など、いろいろな方法で
あなたを狙ってきます


そんなリスクをおかさなくても、
U-NEXTやコミック.jp、まんが王国といった
日本のサービスなら安心安全に漫画や雑誌、
映画やアニメを楽しめますから
危ない橋をわざわざあなたが
渡る必要はありません。

いや、渡りたいなら止めませんが(笑)

ちなみになぜ漫画バンク(Fbay)やrar、rawが
なくならないのか?
ということですが、海外で違法サイトを
運営しているということは、
日本国内の法律の影響を受けないから
ということなんです。

つまり。
やりたい放題(汗)

でもそれって、日本の宝とも言える
「漫画」
を脅かす存在ですよね。

せっかく魂こめて漫画を描いても、
海外の悪い輩が違法な手段で
無料で読んでしまうサイトを公開する、、
これって簡単に言えば、外国人から
いやがらせ、いじめを受けている
というようなものです。

漫画バンクは淘汰されましたが、
rawやrarなどを使うというのは
その「外国人の悪事に加担する」
という「いじめる側に立つ」
ということになりますから、
ダメ!絶対!
なんです。

漫画家さんをはじめ、
出版社や編集者、様々な方の生活を
支えるためにも、海外の違法なサイトに
手を染めず、日本の安心・安全な
サービスを正々堂々と利用しましょう。

あ、でも一番大事なことは?
そうやって海外の違法サイトを利用することで、
「自分自身の運気が下がる」
ということを忘れてはいけません。

自分にいつか、なんらかの形でブーメランとして
戻ってきますから。
(因果応報。。)

さらに最近では、抜かれた個人情報を
暗号資産(仮想通貨)のマイニングに
利用されてしまうなんていう
こともあり得るみたいで(; ・`д・´)

恐ろしいですね、、サイバー攻撃。。

ハーメルンのバイオリン弾き アニメ

ハーメルンのバイオリン弾きは
アニメにもなっていましたが、
2022年2月4日時点、動画配信サービスで
配信されていませんでした。

となると、困ったときの?
アマゾンです(笑)


ハーメルンのバイオリン弾き DVD-BOX

DVD-BOX。
たっけえなあw

ハーメルンのバイオリン弾き 感想

ハーメルンのバイオリン弾きは全37巻ですけど、
ちょっと途中からダラダラ感が出てきた感が
否めないです。

特に、ヴォーカル編辺りから明らかに、、
ダラダラと引き延ばしにかかった感じが
してちょっと残念。

ハーメルが途中からあまりバイオリンを使わなくなる
展開でしたし。
それでも、電子書籍が1冊あたり安いので
その点は良いかな(笑)

ただ、全体を通していえば、
前半は令和の今読んでも面白いです。
ガンガン黄金期に人気作品だった
だけのことはあるかなと。

主人公のハーメルは金にがめつい
っていう設定がまず良いですよねw
正直な感じで。

味方を投げたりして攻撃する外道っぷりや、
王女で回復魔法の使い手という、
設定自体は王道ヒロイン設定のフルートが
ヒロインなのに酷い目に遭わされる
ことが多いっていうのも、斬新でした。

主人公のハーメルだけでなく、例えば幼なじみの
ライエルは女の子に弱くすぐ致死量の鼻血を出す
っていう愛らしいキャラクターでした。

敵やライバルも味方になったり
っていうのは楽しい展開でした。

そして、ラスボスはハーメルの
実の父親である大魔王ケストラー!
嫁や子供すらも利用するゲスっぷりが
悪役として映えていました。

中盤から、特定のキャラをひこひいきしている?
って感じになってきたり、
ギャグも「キレ」がなくなった感じが
してきたんですよね。

もしかしたら作者さんは勢いで描く
タイプの漫画家さんなのかも?
って思ったり。

あ、でもこの漫画のおかげで
クラシックにも詳しくなった
というのは副産物です(笑)